平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

日本一に輝いた「きょうと市民しんぶん」の破壊力。

自己紹介文にも書きましたが、私は現在京都市に住んでいます。

その京都市が発行する「きょうと市民しんぶん」は、なんと全国広報コンクールで内閣総理大臣賞を受賞し、日本一の座に輝いた素晴らしい広報紙なのです。


ゴミを擬人化

 

f:id:doronpa316:20180305071945p:plain

こんな風に家庭ごみの適正な処理方法やリサイクル方法について、ドラクエ風のコマンドと共に学べる斬新さ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/doronpa316/20170723/20170723133328.png

以前ブログでも紹介しましたが「ゴミの妖精」として各種ゴミがイケメンになっているのです。

モテそうな赤髪の「生ごみの妖精」、スーツ姿でスラっとした「プラごみの妖精」、アイドル風な童顔の「紙ごみの妖精」、渋い和風イケメン「枝ごみの妖精」。

KNEP(紙・生ごみ・枝・プラ)という彼ら4人がスポットを浴びている下で、ボロボロになった「小型家電の妖精」が呟く一言。


「私だってもっと回収されれば輝けるのに…」

 

 

どこかで見たような


ガチムチの男性が子育てに悩みを抱え、それをサポートするイケメン。

f:id:doronpa316:20180305070639j:plain


画風やキャラ設定も某人気漫画にしか見えない…(▼ 下画像参照)

俺物語!! 4 (マーガレットコミックスDIGITAL)

俺物語!! 4 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

どこかで聞いたような


放置された空き家までもが擬人化

f:id:doronpa316:20180305074603j:plain

秋谷 丞(あきや じょう)さんは放置されていた空き家という設定です。

 

ハシワタスンヤー

京都にこんな正義のヒーローがいたことを知りませんでした。

市内のインフラ整備について大切なことを訴求している…はずなんですが内容が全然入ってこない。

これもある意味どこかで見たような、ですが嗚呼でもカッコいいよハシワタスンヤー。

f:id:doronpa316:20180304230509j:plain

ハシワタスンヤーの美しいブリッジはもはや必殺技なのか、やられているのか奥が深すぎて分からない。

f:id:doronpa316:20180305071410j:plain

 ハシワタスンヤーのポーズが作為的。

f:id:doronpa316:20180305071424j:plain

ハシワタスンヤーが倒れてる…!

京都市のHPにも、登場人物の情報などイントロダクション的なものが明記されています。

まとめ

ごみ減量、空家の活用、市の取り組みなど大切なことをとことん工夫して伝えてくれるきょうと市民しんぶん

市長も気さくな方なのですが、行政でこういう攻め方をしているところにも好感が持てます。

ちなみに「きょうと市民しんぶん」は、京都市の公式ホームページ「京都市情報館」から電子版で読むことができます。*1輝いている小型家電ごみの妖精も掲載。

今日の名言。


押してダメなら引いてみる。正面がダメなら裏へ行く。当たり前に思えることでも、ちょっと見方を変えるとよい。
実に新鮮に見え、面白くなってくる。固い頭では、新しい発想は浮かばない。


丸山 敏雄

 

*1:※本記事の画像も全て電子版から拝借しています