平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

財布を忘れた時のダメージと、恩とリスクと休日と。

休みの日は、通勤に使っているものとは違う鞄で出かけることがよくあります。そして財布を家に忘れて外出するという大失態を招いてしまいました。

諸事情により、家には引き返せない状況。

f:id:doronpa316:20180204152702j:plain

駅員さんの正論

最寄り駅の自動改札前に着いて初めて鞄の中に財布がないことに気付き、児玉清さん似の駅員さんに事情を説明。

必ず返しに来るので500円ほどお借りすることはできないか、とお願いしてみました。f:id:doronpa316:20180204153457j:plain
「それは大変ですね」と言って下さったのですが、「会社のお金を貸すわけにはいきませんので…」と困り顔で断られました。 一点の曇りなき正論。


脳内会議

もしかしたら免許証のコピーを差し出せば貸してくれるかもしれないだがしかし財布がないんだからコピー代がない。

アメリカだったら「スリーサイズ教えてくれたら貸してあげるよHAHAHA」とか言ってくれるような気がするでもここは日本

f:id:doronpa316:20180204154117j:plain

自分で思っている以上に程度の低い問答が脳内で繰り広げられ、やがて「引き返して今日の重要な用事をナシにする」「警察に行ってみる」という現実味を帯びた選択肢が出てきました。

そして結末へ

「どちらまで行かれるんですか」と尋ねられ、どうしても次の電車に乗らないと●●に間に合わないんです、と答える私。

自己中極まりない申し出に「今日中に必ず返しに来て下さい」と、駅員さんがポケットマネーから小銭を貸して下さいました。

f:id:doronpa316:20180204153854j:plain

お金の本当の価値を見つけた昼下がり…

財布と中身とそのリスク

久々に味わいましたが、財布を忘れた時のダメージは大きいのです。 笑って許せる年齢でもなく、いや逆に加齢の表れなのか、とにかくうっかりが過ぎるので猛省しています。

友人は化粧ポーチとパスケース、鞄のサイドポケットにそれぞれ2千円ずつ忍ばせているそうですが、それぐらいしておいた方が良いのかもしれません。

f:id:doronpa316:20180204153228j:plain

免許証と保険証、クレジットカード。これら「全てが入った財布を持つというリスク」についても改めて考え中。

ICカードを財布に入れている人も多いと思いますが、持つのが面倒だと思っていた小銭入れやパスケースの重要性を今更感じているところです。


まとめ

私はこのような「万事休す → 何とかなった」エピソードが多々あるため、「妖怪 窮地脱し」という謎の称号をもらったことがあるのですが、脱するスキルではなく窮地に立たないための対策と心構えが大切なのは言うまでもありません。

バッグごと忘れて会社へ着いたことあるというツワモノの友人もいましたが…

f:id:doronpa316:20180204152905j:plain
※駅員さんには京菓子のお礼と共にお金を返しました。


今日の名言。


教育こそが未来へのパスポートだ。

明日という日は、今日準備をする人たちのものである。

マルコムX