平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

「これがないと困る!」というマストアイテムの話。

昨日の京都は雨模様。雨の一日を終え、「これがないと困る」というものに一度にたくさん気づいたので今日のブログネタにします。

昨日は傘を持っていなかったので数分で髪が湿ってきたわけなのですが、ふとガラス窓に映った自分を見て驚愕

ではここでクイズです。次の顔ぶれに共通するものと言えば?

1.大泉 洋さん

BARFOUT! 248 大泉洋 (Brown's books)

 

2.チェ・ゲバラ

f:id:doronpa316:20180117224246j:plain

 

3.則巻ガジラ

f:id:doronpa316:20180118115504j:plain



そうです。髪の毛がくるんくるん。というわけで…

ないと困るもの ① ヘアオイル


ヘアオイルをつけるのを忘れていて、湿気で私の髪もこんな感じに。

ユリ・ゲラーも真っ青な曲がりっぷりの、いわば究極のくせ毛です。毛量も多く、毎日ブローとヘアオイルでなんとか鎮静化していました。

ここ数年はヘアオイルの種類も増え、質も良くなってきているためか値段もそこそこ。椿油とベビーオイルは地味ながら安定の素晴らしさ。余裕がある時はAVEDAのオイルを使っています。

 

ないと困るもの ② UNIQLO


靴底に通気穴が開いている通気性抜群のスニーカーを履いていたため、雨水が浸透してきました。異臭を放つ靴下が生まれることにゾッとし、近々ユニクロで靴下を買い足そうと思います。

f:id:doronpa316:20180118121724j:plain

いつかブログに書きたいと思っているのですが、少ない服をシンプルに着回すことを目指して行きついた先がユニクロというブランド。インナーや靴下などの小物は特にユニクロ一択ですが、ワードローブの8割を占めています。

 

ないと困るもの ③ コーヒー


雨で冷えた体をほっこり温めてくれたのがコーヒー。一日数杯は必ず飲んでいて、夏でも好んでホットを飲んでいます。

「お酒を一年断て」と言われても苦ではありませんが、コーヒーになると難易度は上がります。過去を遡っても飲まなかった日が思い出せないほど。インフルエンザの時も飲んでいたような気がします。

f:id:doronpa316:20180118073116j:plain

カフェイン中毒ではないのですが、至高の飲み物とはまさに。グァテマラ豆を超絶にお薦めしたい私が飲んでいるのは、お湯を注ぐだけのインスタントです。

余談

髪の毛は爆発しながらも雨をしのぎながら帰宅。

コーヒーでホッと一息ついて靴下を脱ぎ、視界に飛び込んできた自分の足を見ると剣山並みの直毛が親指の付け根に!

f:id:doronpa316:20180118121119j:plain

そこはくるんとなってくれないのか。(遠い目)

おわりに

断捨離を経て、モノの少ない暮らしにすっかり慣れました。

ヘアオイルもそうですが、新しいものが取っ替え引っ替え出回り、モノがあふれる世の中だからこそ、日常では「これが本当に必要かどうか」を自問してから買う習慣が身につきました。

お陰で「つい買う」という無駄買いも減ったように思います。

f:id:doronpa316:20180118123341j:plain

もちろん時々は好きなものを気兼ねなく買って、ほくほく満足していますが、「あったら便利なもの」ではなく、「ないと困るもの」が真に心地よいのでは、と思った雨の日。

そしてそんな暮らしの中でも地味に「ないと困るなー」と思ったアイテムの存在。ありがたや。皆様の「個人的にないと困るもの」はありますか?




本日の名言。

 

君の欲しいと思うものを買うな。必要なものだけを買え。

マルクス・ポルキウス・カトー・ケンソリウス