平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

何もしない、ということをする時間の価値について。

ありがたいことに土日祝がキッチリお休みなのですが、休み前になると「あれもこれもしたい」「休みは有意義に使わねば」と、できるだけ多くのことをしたいという欲が生まれます。

その割に時間の使い方が下手で、えー!もうお昼!?出かける時間!みたいなバタバタも少なくないのですが、だからこそ「何もしない時間をもつ」という過ごし方の大切さを再認しています。

 

かみ合わない時間と思考

前述のように気づいたら半日経っていたとか、何だかんだでグズグズ過ごしてしまったとか、時の流れの速さを痛感することも。

f:id:doronpa316:20180113080358j:plain

明らかに詰め込みすぎな時もありますが、頭ばかりを無理に働かせていること、思っている以上に日々の疲れが残っていることに気づきます。

頭の動きに、心の声がついていけない状態なのです。

 

してもいいけど、しなくてもいい

時には「しない時間」を自分に設定してあげることも必要。

「やりたいと思っていること」は、「やらない」という選択ができることでもあります。

もちろん生活スタイルは人それぞれで、休みたくても休めない!という方もたくさんいると思いますが、隙間時間の15分だけでもだらーっと、ぼーっとするのも良いと思います。

f:id:doronpa316:20180113084121j:plain

その時間もまた、新しい発見を生み、自律神経を整え、脳をクリアにしてくれる重要性を持っているはず。

意識的だらだら

予定のない休日や特別な家事ノルマがない場合は、「何もしない時間」を導入しています。

回遊魚のような性分で、そこに時間を割くことに抵抗もあるのですが、無意識にだらだら過ごして後悔するぐらいなら意識的に年に数回は設けたいと思っています。

Iphoneを機内モード*1にすることも。

f:id:doronpa316:20180113082411j:plain

一日の予定に「何もしない時間」を組み込むとなると、前倒しで用事を済ませたり、30分早く起きるという工夫も必要にはなってきます。


ですが、それを終えた後「今から1時間ダラダラ過ごしていい」と決まると、一気にワクワクするのは私だけでしょうか。


何もしない時間に起こること

何もしない時間も、何もしていないわけではなく「休息」「心身のリセット」がされているのだと思います。

自分の思考や行動に支配されず、時間に追われないという豊かさ心にたくさんの栄養を与えてくれるはず。

f:id:doronpa316:20180113081610j:plain

何もしない時間を終えた後、「いい時間だった」と思えたら、それ以降の自分が一層はつらつと動ける気がします。

まとめ


ヒーリング音楽を聴く、ひたすらごろごろする、気の向くままに散歩するなどなど、「何もしない」の基準はお好みで。

f:id:doronpa316:20180113080126j:plain

こんな記事を書いておきながら、貧乏性な私自身は「何もしない」という時間にまだまだ罪悪感を感じるので、つまるところあまり説得力がないということです。

良い週末をお過ごし下さい。


今日の名言。


珠玉の時間を無為に過ごさないようにと、注意を受けたことがあるだろう。そうなのだが、無為に過ごすからこそ珠玉の時間となるときもある。

ジェームズ・バリー

*1:全ての通信をオフにする機能