平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

世の中は「※」から始まる注釈で溢れている。

ドラッグストアのテレビモニタで流れていた化粧品のCMで、わずかな時間の間に「※メイクアップ効果によるものです」という注釈が何度も流れていることに気づきました。

綺麗な女優さんと煌びやかな演出で作られた世界の片隅で、※メイクアップ効果によるものです※メイクアップ効果によるものです※メイクアップ効果によるものです という音速連続テロップと世の中の話。

 

※魔法は使えません

f:id:doronpa316:20171112212319j:plain


ハロウィン仮装などに使われるハリーポッター風衣装とステッキの商品説明に添えられていた注釈らしいです。シャレなのか、魔法が使えないことにクレームをぶつける消費者が実際にいたのか真相は分かりませんが、個人的には和みます。

 

※メイクアップ効果による

f:id:doronpa316:20171112211205j:plain


「見た目年齢に変化」「毛穴をカバーする美膜」と謳った後に出てくる文言。「※効果には個人差があります」「※メーカー調べ」も大体セットですが、キャッチーな造語の裏側にはつきものな言葉だということが分かりました。


※特別に許可を得てタオルを使用しています 

f:id:doronpa316:20171112214324j:plain


友人の一人が、旅番組でバスタオルを巻いてレポーターが温泉につかる演出について「許可をとっていようがそもそもマナー違反では」と言ってました。言われるまで特に気になりませんでしたが、マナーもそのうち変容するのかも。 

 

過剰な注釈への皮肉


SNSでこんなものを発見。あるある!と思いながら一気に読んでしまいました。

f:id:doronpa316:20171112153320j:plain

横山了一@3日目東ミ22-ab (@yokoyama_bancho) | Twitter



言われなければ分からない

 

過去記事にこんなものを書きました。

思えば、「CM上の演出です」というテロップが当たり前になっている昨今。「言われなければ分からない」という着眼点で言えば、この注釈はある意味道理に適っているのかもしれません。

 

まとめ

コスメについては、薬機法によって化粧品の効能として書ける広告表現の範囲が定められているそうです。そのため「メイクアップ効果による」といった注釈が必要。消費者を守る意味でも大切な文言ですが、大半の人が見落とす文字サイズの妙。

発信する企業側の自己防衛策としても存在する注釈に、世の中がそれほど苦情やクレームだらけかと思うと寂しい気もしますが、ネット社会の発達で個人が気軽に意見や口コミを書ける場が増えた影響もあるのかと思います。

f:id:doronpa316:20170926073741j:plain


ドラマの強盗シーンでも「これは演技です」と注釈が出たり、ひいては「これは伝えたい!」と思うブログ記事の思想や主張を「個人の感想です」と言うべき日が来るんでしょうか…



本日の名言。


他人の欠点を笑ってばかりいるのは、臆病の証拠である。
トマス・ホッブズ