平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

ピンクの靴下をはいた囚人と、色彩心理と性格の話。

過去にデザイン系の仕事をしていたため、色彩が持っている役割や人の心理に与える効果については、ほんの少しだけ勉強したことがあります。

黄色に元気をもらったり、戦隊モノのレッドは大体リーダーなど、ざっくりとしたイメージは一般的にあるもの。

f:id:doronpa316:20171021171351j:plain

今日は「色と人間の心理は密に関係する」について書く日にします。

ピンクの靴下効果

こんな面白い記事を発見。

受刑者に全身ピンク色の囚人服を着せ(中略)市内道路の清掃させていたそうなんだけれど、これにより、「こんな恥ずかしい思いは二度としたくない」再犯率が低下し、刑務所に戻る囚人の数が減ったことから、今では全部の囚人たちにピンクの下着とソックスの着用を義務付けたんだそうだ。

tent_city_of_maricopa_county_jail_06


不適切な表現かもしれませんが、可愛い。色々すさまじいピンク効果。ピンクが恥ずかしい色というわけではなく、心理的に優しい色だからという見えない効果もあったのではと思います。

他にも「刑務所の壁をピンクにしたら喧嘩が減った」「ランチョンマットや食器を青にすると食欲減退効果がある」など、色には象徴性や心理的効果があることが分かります。

好きな色と性格

好きな色と人の性質についても長年研究が進められているそうですが、好みの色と性格に関してまとめサイトなどを見ていると概ねこんな感じでした。

赤・・・自己主張が強いリーダー気質
活動的、好奇心旺盛、目立ちたがり、せっかち

オレンジ・・・家庭的で温かい心の持ち主
社交上手、愛されキャラ、寂しがり屋、お茶目

黄・・・明るく表現力が豊か
話し上手、新しいもの好き、移り気、個性派

緑・・・礼儀正しく誠実な人柄
穏やか、律儀、粘り強い、謙虚

青・・・自立心が高い努力家
平和主義、創造性豊か、理性的、冷静

茶・・・責任感が強いしっかり者
保守的、穏やか、堅実、感情を出さない

紫・・・才能豊かなロマンチスト
神秘的、気位が高い、芸術肌、ミステリアス

ピンク・・・優しさと思いやりの人
気配り上数、嫉妬深い、繊細、

白・・・意志の強い完璧主義
純粋、清潔、真面目、素直、正義感が強い

黒・・・感情を内に抑えた自由人
プライドが高い、頑固、クール、鋭い感性

 

f:id:doronpa316:20171021171833j:plain
書いておいてアレですが、個人的には当たってませんでした。

この色が好きだからこういう性格、というよりは憧れている色や、その時の心理状態で選ぶ色といった見方の方が当てはまる気がします。

 

ビジネスシーンでも

プロモーションや交渉ごとでも、選定する色で結果が変わることは確実にあります。

帰り道にUNIQLOの店頭にあったチラシを見て納得しましたが、購買意欲をそそるのは赤やオレンジ。インパクトのあるプレゼン資料を作る時、企業ロゴやWebサイトのカラーなど、色は戦略としても活かせる重要な要素。

f:id:doronpa316:20171021172127j:plain

自己満足ながら、私もブログ記事内では色に気を遣います。

まとめ

好きな色は?という定番の質問には、喰い気味に即答するレベルでブルーに目がないです。エコバッグも財布もターコイズブルー

ドラえもんや工事現場のビニールシートにさえ一瞬「ウハっ」と思うほど青にトキめいていますが、身に着けるものは概ねモノトーンです。

f:id:doronpa316:20171021173123j:plain

青が好きな人は理知的で内向的、落ち着いてるという診断ですが… まずないですね。

現在青ざめるほど体重リバウンド中。


本日の名言。


心の澄んだ思慮深い精神は、色彩を最愛とするものである。

ジョン・ラスキン