平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

タイトルシークエンスに惹かれた映画5つをふらりと挙げてみる。

映画そのものを楽しむのはもちろんですが、本編と同じ観ていてワクワクするのがタイトルバック

始まる前からテンションの上がるオープニングや、余韻に浸れるエンディングまで、今日はそんな映画を集めました。が、これも5つ以上出てきそうです。

スナッチ

スナッチ (1枚組) [SPE BEST] [DVD]

スナッチ (1枚組) [SPE BEST] [DVD]


強奪した巨大ダイヤモンドにボクシング賭博が絡むアップテンポ映画。ギャング、犬、裏社会といったコンテンツ量で登場人物も多く、しかも全員クセがあり、でも憎めない、けどワル、という句点多めの説明が必要な忙しい映画



オープニングの手法がツボ。フォントも好きです。音楽の使い方も絶妙なんですが、コメディ&サスペンス&アクション要素入りですよーというのを感じさせてくれる構成のお陰で、観る側も心の準備が自然とできてしまいます。オープニング同様、本編も軽快かつ爽快な脚本。

 

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル [DVD]

Mr.インクレディブル [DVD]

  • アーティスト: マイケル・ジアッチーノ
  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/06/15
  • メディア: DVD
  • 購入: 1人 クリック: 57回
  • この商品を含むブログ (349件) を見る


元スーパーヒーロー
のボブは15年前に政府の方針で活動を禁じられ引退し、現在は正体を隠して保険会社に勤める日々。(※遺伝で家族全員スーパーパワーの持ち主。)あるきっかけで会社を辞め、家族に内緒で再びヒーロー活動を始めます。 


アニメから初エントリー。特に期待もせずにふと観たら大当たりで、エンディングの音楽と映像にグイっと惹き込まれました。アメコミっぽいけど随所に風刺も効いてます。分かりやすいストーリーで映像技術も文句なし。声優陣がとんでもなく豪華なので吹替版がおすすめです。

ガタカ

ガタカ [DVD]

ガタカ [DVD]


遺伝子工学が発展した時代に、遺伝子操作を受けずに「不適正者」として生まれたヴィンセント。「適正者」しかなれない宇宙飛行士という夢を諦めきれない彼は、事故で下半身不随となった元エリート適正者と出会います。

主演のイーサン・ホークと青色が好きという理由はさておき、ミニマル感が素敵です。人間の優劣すら遺伝子操作で作れるという設定で、観た当時は何とも思わなかったけど今はそれもリアル。誰かに必要とされること、自分が望む生き方について考えさせられた映画です。

 

サンキュー・スモーキング

サンキュー・スモーキング (特別編) [DVD]

サンキュー・スモーキング (特別編) [DVD]


健康志向の高まりで「タバコは悪」の風潮の中、健康リスクと喫煙の因果関係はない!と、タバコをPRするタバコ研究アカデミーのニック。巧みな話術論点すり替えテクで「情報操作の王」と呼ばれる彼に、あるミッションが下されます。

タバコのパッケージにキャスト名がクレジットされていくのがお洒落。タバコ吸おうぜ!みたいなタイトルですが全くそんなことはなく、喫煙シーンは一切出てきません。風刺にしては毒が弱めで軽いけど、完全にコメディでもないです。テンポも良いので観やすく面白い割作品。

 

トレインスポッティング

トレインスポッティング [DVD]

トレインスポッティング [DVD]

 

主人公のレントンはドラッグ漬け。仲間と共に喧嘩やら刑務所やらクラブやらどうしようもない毎日を送っていましたが、怠惰な脱却すべく、クスリもやめることに成功し、仕事を見つけたものの…というお話。

主演のユアン・マクレガーを一躍有名にした映画ですが、ヒゲ面のベグビー(俳優名忘れた)が結構好きでした。ドラッグのやり過ぎで幻覚を見るシーンが強烈すぎて、観るのは早かったかなーとも思いましたが(当時10代)、タイトルバックを観てサントラ欲しい!とも思いました。


今日の名言はこちら。


優れた遺伝子を持っていれば成功は手に入りやすいが、 必ず成功するという保証はない。運命までは、遺伝子では決まらないのだ。


映画「ガタカ(Gattaca)」より