平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

視力が0.3まで下がった左眼に戸惑っています。

それまで2.0だった視力が高校時代に0.7へと急降下し、社会人に入ると0.5に。

良くも悪くもそれを長年キープしていたのですが、今年ついに0.3という数値を叩き出しました。

f:id:doronpa316:20170626114931j:plain


車の運転もしないし、基本は裸眼。
「気が向いたらレベル」のメガネ生活を見て、モノが見えづらくて支障はないの?と聞かれたことがあるんですが


前から歩いてきた顔とヒゲの濃い人がフセイン元大統領に見えて背筋が凍った

f:id:doronpa316:20170626115337j:plainnewsweek.com

電柱脇にあった粗大ごみを、誰かが屈んで待ち伏せていると思って睨んだ

f:id:doronpa316:20170626114927j:plain


切った野菜のヘタが巨大な虫に見えて飛び上がった

f:id:doronpa316:20170626120417j:plain


ぐらいです。


今は自分がヒヤっとするだけで済んでますが、このままでは人様に迷惑をかけるかもしれません。

高校時代はコンタクトでしたが、何をどうやっても目がゴロゴロする違和感から脱却できずメガネストに。

f:id:doronpa316:20170626114916j:plain


最近のコンタクトは当時のものより性能やらフィット感もずっと良くなって瞳への負荷も少なそうなイメージなので、コンタクトに挑むかも視野に入れてます。


余談ですが、メガネを作る時にかけるテスト用のロボットみたいなメガネをかけるのが恥ずかしいのと、メガネ屋の店員さんが全員メガネで何となくこっちが照れてしまうのは私だけでしょうか。

f:id:doronpa316:20170626114909j:plain

feastingonfruit.com/
人参とブルーベリーを積極的に食べてみます。

今日の名言。


眼を凝らして注意深く観察すれば、運命を見分けることができよう。運命は盲目だが、見分けられぬものでないから。

フランシス・ベーコン