平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

ライフハック

簡単にできないからこそ、やると決めていること。

日常で心がけたいけど簡単にはできないこと。心構えとして掲げることはできても、実践するのは時として難しいこと。だからこそ、「やる」と決めたらやる(できる)ようになることも意外とあって、今日はそんな「心の持ち方3つ」について記事にします。 わら…

「傾聴力」を育てるために大切な4つのポイント。

コミュニケーションの話になると決まって出てくるのが「傾聴力」というワード。対話の場において、「話す」ことより「聞く」ということの重要性が説かれています。私も傾聴力は課題のひとつなのですが、そのスキルに優れた人と接していて「これいいなー」と…

人の心を惑わせ、煽ってくる世間の「8つの風」。

「八風吹けども動ぜず」という言葉をご存知でしょうか。私も最近知ったものですが、修行の妨げとなる8種類の要因のことを「八風」と言います。日常だと、この8つの風に吹かれると自分を見失いがちになるといった感じでしょうか。 八風とは 利(うるおい)…

祖母の私物から出てきた「縁起モノ」が気になって。

数年前に他界した祖母の遺品を整理していると、結構な縁起物コレクターだったんだなということが分かりました。無類の動物好きだったせいか、動物モチーフのものが多々。というわけで、縁起のいいとされるものを動物メインに調べてみました。 ふくろう(鳥類…

誰でも蒔ける幸せの種、「無財の七施」について。

「無財の七施(むざいのしちせ)」をご存知でしょうか。お金や地位がなくとも、心がけ一つで誰でも始められる日常的な布施を表す造語だそうです。「情けは人の為ならず」とは言い得て妙。周囲を思いやり、大切にすることは、自分も幸せにできるものなのだと…

何もしない、ということをする時間の価値について。

ありがたいことに土日祝がキッチリお休みなのですが、休み前になると「あれもこれもしたい」「休みは有意義に使わねば」と、できるだけ多くのことをしたいという欲が生まれます。その割に時間の使い方が下手で、えー!もうお昼!?出かける時間!みたいなバ…

「後悔」への価値観が、ほんの少し変わりました。

どちらかというとあまり好きではない「後悔」という感情。一般的にも否定的に捉えられているものです。先日、20歳上の尊敬する先輩に「今年は後悔することが多かったように思う」とメールにて吐露したところ、こんな返事をもらって目頭が熱くなりました。 …

人見知りの概念のない私が人見知りについて思うこと。

人見知りか人見知りではないかと問われたら圧倒的に後者です。人見知りについて悩んだ記憶はないのですが(遊園地の着ぐるみ見知りはあったらしい)、「私は人見知り」と自称する友人知人が意外と多く、なぜ自分を人見知りだと思うのか尋ねてみたところから…

「人生でやりたいこと100」のリストを作ります。

作ってから言いなさいと言われそうですが、本記事は「人生でやりたいこと100」のリストを「作る」ことを宣言するものです。色々な方のブログや文献に触発されて今更ながらリスト作成中なのですが、ブログ記事にしたくなるほど胸に良い感情がなだれ込んで…

「畑の肉=大豆」みたいな、別名や異名が面白い。

体に良い食べ物を色々と調べていると、アボカドは「森のバター」、牡蠣は「海のミルク」などなど、別名・異名のある食品が結構多く存在していることに気が付きます。食品に関わらず、実生活を見回すと思いのほかそういうものが多くてなかなか面白かったので…

『つもりちがい10ヶ条』の深さを勝手に広くアレンジ。

最近目にした貼り紙が気になったので調べてみたら『つもりちがい10ヶ条』と言われるものでした。長野県飯田市にある元善光寺のご住職が作られたとされる言葉だそうで、私が知らなかっただけで、職場や登山道など様々な場所に標語として貼られているものだ…

苦労は買ってまでする代物ではないと思う話。

お笑い怪獣・明石家さんまさんが、何かの番組で「苦労」についてこんな発言をしていたそうです。 苦労は買ってでもした方がいいは間違い。苦労は売ってでもやめた方がいい。無駄な苦労は必要ない。 私自身、恵まれた環境で生きてきたなりに、大概の人があま…

笑顔でいることで得られた、エゴ目線の効果。

昨日11月25日は「いいにっこり」の語呂から「いいえがおの日」として認定されたそうです。こういう記事は当日に書くべきなのですが、気づいたのが今日だった鈍臭さはさておき。手前味噌ですが、私は自他共に認める「よく笑う人」であり、基本的にヘラヘ…

意外と盲点な「内臓脂肪レベル」は要チェック。

一年前の減量期間中に、体組成計を購入しました。当時は毎日数値を計測し、アプリに食事内容と併せて記録する徹底ぶりでしたが、最近めっきりサボり気味だったので先日久々に計測。一年前は内臓脂肪レベル「1」でしたが… ひェ!!!跳ね上がってる!!!!…

正論を伝えることが、いつも正しいとは限らない。

割とハッキリした物言いをする方なのですが、対話している相手から「正論を伝えることが良くない時もある」と悲しい顔をされてグサッときた経験があります。反対に、人から正論を言われてグサッときたことも。 正論とは 道理を説く論について正しいものであ…

感情に正直な「涙」による、心と身体のリラックス。

転んでも泣かずに起き上がる度に、親の口から出る「強い」という褒め言葉の虜になった幼少期、「強い=泣かない」という方程式を勝手に根付かせていました。そのため反射的に涙を堪える傾向にあったのですが、先日久々に泣きました。もちろん玉ねぎや花粉や…

ベトナム料理がダイエットや健康維持にお薦めな理由。

WHO(世界保健機関)の調査によると、ベトナムは肥満率が圧倒的に低い国で、世界トップクラスの低さを誇る日本より更に低いとか。確かにアオザイを着こなすスリムな美人女性のイメージがありますが、ベトナム料理にはダイエットに嬉しい要素もあるようで…

朝型生活10年めに思う、早起きのメリット。

ここ10年近く、朝5時台に起き、休日でも7時台には起きるようにしています。飲みすぎた翌日などは目が覚めたら昼前ということは例外的にありますが、そういう時は「一日が終わった」とテンションだだ下がりで嘆くほど、早起きが好きです。朝型の生活にな…

普通であることのありがたさと「知足」という言葉。

他の人の人生と自分の人生を比べることはできないし、自身を不幸だと思ったことはありません。ですがそれなりに波乱万丈と思われる経験をしたとは思っていて、数年前「世の中にこんな出来事が本当にあるのか」と思うような貴重(壮絶?)な事件も我が身に起…

話題の性格分析テスト「ディグラム診断」の結果と感想。

やや自己俯瞰が過ぎる自覚があるため、心理学と統計学に基づいた性格診断ツールが好きで見かけると何でも試しています。数年前にテレビ番組でも取り上げられ、当たりすぎると評判になったと聞いた性格診断テスト「ディグラム診断」を例外なくやってみました…

宝塚歌劇団『ブスの25箇条』を読んでからの感嘆と自戒。

その昔、Twitterなどでも話題になったことで既に多くの方がご存知かと思われますが、宝塚歌劇団には『ブスの25箇条』というものがあるそうです。トップスターだった貴城けいさんという方の本に載っていた訓戒のようなもの。最近久々にその25箇条を目にす…

褒められたことはとりあえず全身で受け止めています。

褒められることが好きです。いや、大好きです。褒められると素直に喜び、そして調子に乗り、自分が意識していることを褒められた日にはそれをひしひしと噛みしめながら一日を終えられます。本記事は、褒められたら基本的に鵜呑みの私から見た「褒められた時…

ピンクの靴下をはいた囚人と、色彩心理と性格の話。

過去にデザイン系の仕事をしていたため、色彩が持っている役割や人の心理に与える効果については、ほんの少しだけ勉強したことがあります。黄色に元気をもらったり、戦隊モノのレッドは大体リーダーなど、ざっくりとしたイメージは一般的にあるもの。 今日は…

「頭にきたときは百まで数えよ。最悪の時は毒づけ。」

記事タイトルはアメリカの作家・マーク・トゥエインの言葉。「ひたすら忍耐!」でないところが人間臭くて好きです。過去記事の通り、私は怒るということは基本的にあまりしませんが、イラっと&モヤっとぐらいは多少なりともあります。言わない方がいいこと…

心の知能指数「EQ」の意識で育てられる対人関係能力。

頭の良さを示す知能指数(IQ)という言葉は、これまで度々耳にすることはありましたが、心の知能指数「EQ(Emotional Intelligence)」というものがあるということを知りました。 EQ こころの知能指数 (講談社+α文庫) 作者: ダニエル・ゴールマン,土屋京子…

「イメージ右脳」と「ロジカル左脳」の上手いバランス。

私は典型的な右脳人間です。想いを文字にすること(ブログ執筆も)、読書、頭を使って物事を突き詰めて考えることなんかが苦手。一方で、妄想やイメージ、落書きは得意であり、感覚的に生きてきた自覚があります。 「利き脳」診断 もう何年も前ですが、教え…

「天上天下唯我独尊」の意味をかなり誤解していました。

田舎出身の方なら頷いて下さるかと思いますが、「天上天下 唯我独尊」と聞くと、特攻服に施された刺繡のイメージしかありませんでした。加えて残念なことに、2つの四字熟語が組み合わさった言葉だとさえ思っていた私。本日はその言葉の意味について記事にし…

「六次の隔たり」をはてなブログに垣間見た気がする。

ご存知の方も多いと思われる「六次の隔たり」という仮説。 六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、とい…

重たい腰が上がらない時に使ってきたゆるい策。

体型と体脂肪と体重が高速で変わってきているため、一日数キロでもいいから走ることに決めました。実際に決意したのはもっと前で、かれこれ1か月以上前から「走る走る詐欺」をしていたのです。怠け者で決意してからが長い私。今回もなかなか実行に移さなか…

「嘘が得意か苦手か」が5秒でチェックできるらしいです。

宴席で仲間の一人が「嘘が上手いか下手かを5秒で判別する方法」というものを教えてくれたので、その場にいた全員でやってみました。イギリスの心理学者で大学教授でもあるリチャード・ワイズマン氏が紹介したものだそう。 簡単チェック方法 やり方はとって…