平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

「頭の回転が速い人」の特徴って何だろう、という話。

上司から「あなたは頭の回転が速い」と言われたという友人。

喜ばしいものの、本人はピンと来ていないようで「頭の回転が速い人の共通点とか特徴って何だろう」というテーマになりました。

案の定、仲間内で色々な意見が出て面白かったので、疑問を投げつつも紹介します。

f:id:doronpa316:20180222072639j:plain

例え話が巧み

話すたびに頭の回転が速いなあと思う知人がいるのですが、例え話がいつも秀逸。

雑談でのネタ的な比喩から、知識のない人に噛み砕いての説明に至るまで多岐に渡り上手なのです。

その人がスポーツジムまで25kmの距離を自転車で移動し、そこからエアロバイク(自転車型のフィットネスマシン)を1時間やると言うので、「豚ホルモン食べた後にうどん食べるようなもんですね」と言ったら、「相変わらず例え話が下手ですね」と言われました。

f:id:doronpa316:20180223122458j:plain

例え話がスッと出る技術は、芸人さんを見ていてよく感心することでもありますね。

 

1で10を理解する

頭の回転が速いということは理解するスピードも早いと言えます。

説明を終える前に8割理解している人は、頭の中で話を分析してロジカルにまとめているのだと思っています。

一生懸命説明していることをざっくり途中でまとめられると「ぐぅ…」となる時もあるので、協調性の観点から一長一短はあるかと。

f:id:doronpa316:20180223120736j:plain

 

 

 

将棋が強い

厳密には「羽生さんと藤井聡太くん」固有名詞で回答している人がいたのですが、確かに将棋やチェスは数手先のパターンを先読みして闘うので、「先回りして用意が出来る人」と言えるかも。

仕事でマルチタスクを捌ける人に多い特徴であり、相手の反応を見越して必要な言葉やツールを準備できる人は、人間関係を構築する力にも長けている印象です。

f:id:doronpa316:20180223074954j:plain

好奇心旺盛で会話上手

ある友人は、「気持ちや物事を言葉で表すのが上手い人」と言っていました。

好奇心が旺盛だと日常で情報をインプットする量が増え、多くの話題についていけるようになります。

必然的に相手に合わせた話題や、相手が望む・望まないもの、心地よいと思うものを素早く提供できるようになるのかもしれません。

求心力や人望のある人は概ね当てはまるような気がします。

f:id:doronpa316:20180223122600j:plain

 

未知との遭遇への瞬発力

私のごく個人的な意見です。

先日友人と見知らぬ土地へ行き、もしや道に迷ったかも…という事態になった時に、彼女が間髪入れずに「海側だから南口から出た方が早いんじゃない?」と言ったのです。

私はと言えば、どのゲートから入ったかすらも覚えていませんでした。

知らない・分からない世界で咄嗟に「~だから、●●である」という(勘ではなく筋道を立てて)ひとつの答えに辿り着ける人は輝いて見えます。

f:id:doronpa316:20180223122227j:plain

 

おわりに

「賢い」と「頭の回転が速い」は全く別物。こうして書いてみると、単に「情報処理能力が優れている=頭の回転が速い」と言えるのかもしれません。

頭の回転を脳の重さやシワのせいにしたくもなるのですが、脳みそは誰にでもあるものなので要は使い方の問題なのかなと思います。

あとは、普段から使う努力をしているか、ですね。してないな…。(遠い目)


本日の名言。


「もがく時間」はすごく大事です。わからない、迷っている、悩んでいる。そのような時間は、後々の財産になります。


羽生 善治

時には「まあいいか。」という選択肢に癒される。

いつもお昼に記事が公開されるよう、予約投稿の設定をしているのですが、記事そのものは概ね前夜に作成しています。

ですが、やむを得ない事情により今夜書いたものを今夜投稿しようとしていて、つまり昨日の夜、今日投稿するブログを準備できなかったということになります。

 

 「まあいいか」を紐解く

頭をよぎったのが「まあええかな。」という諦観に似た気持ち。

「諦め」という言葉からは一般的にネガティブな印象を受けます。もちろん諦めずに最後まで何かをやり遂げるという姿勢はとても大切。

f:id:doronpa316:20180222220514j:plain

ですが「諦め」や「まあいいか」には、決してそういう消極的な面だけではなく、前向きなニュアンスもどこか含んでいるもの。

色々なことを悟って執着を捨てるとか、手段を見直すための切り替えとか毒気を抜くとか。

今回の一件でそういう見方があると学んだ気がします。

 

事実を受け入れる手段として

自分のミスやトラブル全体を投げ出すためではなく、曲がりようのない目の前の事実を受け入れ、その領域で最善を尽くすための一歩になってくれる言葉かもしれません。

自分に厳しい人や繊細な人にこそ、肯定的に物事を見るために使えると思った次第です。

「まあいいか」の後に「どうにでもなれー!」と続くと本末転倒です。そして多用はもちろん禁物。諦め癖がついてしまうことも。

f:id:doronpa316:20180222224431j:plain

 

 

諸行無常だからこそ

世の中は絶えず動いています。思い通りにいかないことは、あって当たり前。「まあいいか」という選択肢に癒されることもあるのです。

できなかったことの裏には絶対に「できたこと」があります。

どちらかに対して頭でっかちになることもなく、無理やりポジティブに考えるのでもなく、出来事と共に前進するための力を失わなければいいのかなと思います。



まとめ

私は自分に甘い性分なので「まあいいか」という言葉に頼ることなく、現実をケロっと受け入れています。

結局書いてる…と自分でも思うのですが、一周回って「書いた方がスッキリする」ような気がしたので今に至りました。

アクセス数が激減するのではという一抹の不安もありましたが予想よりはそうでもなかったので、本ブログをお昼投稿だと認識していて、今日のお昼に「あれ?」と思った方がいて下さったとしたら、それだけでもう控えめに言って最高です。

f:id:doronpa316:20180117124231j:plain




今日の名言。


私が人生を諦めて、自分一個の幸不幸などはどうでもよいと悟って以来、少なくとも人生は、私にやさしくしてくれるようになった。

ヘルマン・ヘッセ

 

10代の頃、恋に落ちかけたアニメキャラについて。

一度だけ、淡い恋心に似た感情アニメの登場人物に抱いたことがあります。

当時の私は10代前半。

テレビの再放送でしか観ていなくとも、しかも3期以降しかまともに知らなくとも、彼の出演作自体もよく考えると最高なのです。

f:id:doronpa316:20180221144105j:plain



恋のお相手

 

f:id:doronpa316:20180221063334j:plain

 

『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品、及びそれを原作とした一連の作品群の総称。妖怪のイメージを世間に浸透させた水木の代表作であり、「妖怪漫画」を一つのジャンルとして確立させた作品である。


ご覧の通りです。

観たことないという若い方もいらっしゃるかもしれませんが、「夜中迎えに来るんだよ」と言われてもなぜか全く怖くなかったアニメに登場する鬼太郎さんです。

 

鬼太郎はイケメン

ファッションこそワンパターンですが、長めの前髪に下駄、虎柄ちゃんちゃんこがあれほど似合うのは彼ぐらいです。1期2期と比べると3期は親しみやすいビジュアルで、戸田恵子さんの声も相まって男前感が増しています。

f:id:doronpa316:20180221123959p:plain

ご存じの通り「強く優しいイケメン」という万国共通のモテ要素を備えていた鬼太郎ですが、時々やられる弱さやすぐ赤面するシャイな一面とのギャップたるや。

 

全員「クセがすごい」

ぬりかべ砂かけ婆といったフロントメンバーのキャラも確立されていますねずみ男は今の社会を見ても「こういうキャラ普通にいるよなー」というあざとさ。

妖怪ウォッチのように可愛いデフォルメキャラは出てこないどころか、各回のゲスト妖怪も割とグロテスクな見た目だったりしますが、個人的にはそれもまた魅力的に見えました。

とてもここには書けないような名前の高僧キャラも登場しています。

メッセージ性もある

「人間が空気を汚すから、懲らしめようと脅かしただけ」と弁明する妖怪と、相手の正義も傾聴して共有する鬼太郎の優しさに惚れ直した記憶も。

f:id:doronpa316:20180201234654j:plain

社会問題を取り上げたり、夜更かしするとお化けが出るとか物を大切にしないと罰が当たるとか、普遍的に大切なことを教えてくれるアニメでもあるのです。

共存を前提としている

諸説ありますが、鬼太郎は半妖怪で人間と妖怪の共存を目指しているため、「妖怪を懲らしめるヒーロー」一辺倒ではないのです。

人間に悪だくみを仕掛ける妖怪はもちろんやっつけますが、妖怪を軽んじる悪い人間がいた場合は、妖怪と結託して懲らしめることも。

鬼太郎の恋の相手・ユメコちゃん(人間の女の子)も共存の象徴と言える重要なキャラでした。 

第2話 鏡じじい

※ユメコちゃんは向かって右ですコワ!

 

まとめ

鳥取県にある鬼太郎ロードにも、いつか行きたいです。水木しげる記念館とか。

亡くなった偉大すぎる漫画家・水木しげるさんも、向こう側の世界で妖怪たちと楽しんでいるのかもしれません。

そういえば実写版もありましたね。洗練されすぎているウエンツ鬼太郎。

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション [DVD]

皆様も惚れたアニメキャラの一人や二人はいるでしょうそうでしょう!


本日の名言。


「この世の中にこれは価値だと声を大にして叫ぶに値することがあるかね。すべてまやかしじゃないか。」

ねずみ男

ブログを始めて8か月、続けるより難しいこと。

ブログを開設してから、昨日で8か月。今日まで247日間に渡り、毎日1記事ずつ247記事書き続けたことになります。

ダルがり族飽き性な長老だった私がここまで継続できたことに自分で驚きますが、振り返りながら今後について整理していこうと思います。

f:id:doronpa316:20180219225346j:plain

「毎日」にこだわるのをやめる


とりあえず100記事までは毎日書く
、という目標をクリアしてからは「更新は毎日じゃなくてもいい」「毎日更新したい」のどちらでもなかったのです。

100記事以降も毎日書いていた理由を大真面目に回答すると「自分でもよく分からない」となるのですが、とにかく「毎日」の慣習を解くことに。

ですが、「脱・毎日」いざ実践するタイミングがなかなか掴めなかったのです。

f:id:doronpa316:20180219231242j:plain


はじめる< 続ける ≦ やめる


難易度の高さ
を不等式で表すとこんな感じです。

半ば勢いで開設したブログですが、一歩踏み出せばあとはただやるだけ。執筆にかかる時間や影響など考えることも当然なく、始めること自体は簡単でした。

続ける意思は揺らがなかったのですが思考を文章にまとめるのが苦手で、続けることが難しいというより、書くことが難しかったです。

f:id:doronpa316:20180219231146j:plain

続けてきたことは気づけば生活の一部に組み込まれていて、それを「やめる」という意思決定の難しさに直面。続けるよりはるかに難しかったのです、これが。

 

別のことも進めたい


表面上は散文の毎日更新でも、ネタがなくPC前で2時間近く悶絶した日もあり水面下ではバタ足。更新することが目的になるのもピント外れな話です。

ブログを始める前には知らなかった世界や情報に触れ、視野が広がったお陰で尚更増した「時間確保」の欲。

実生活でも色々な出来事があり、その中で「もう少しこっちに注力したい」と思うようになりました。

平日お昼にサッと読んで下さい


タイトルが「平日お昼にサッと読む」にも関わらず「平日以外も書いてる」という優しいツッコミを下さった方がいるように、毎日更新していることに気づいてくれている方の有難さ。

f:id:doronpa316:20180219232431j:plain

というわけで(?)、土日は休んで平日は書くというスタイルで続けていこうと思っているところです。


本件で自分を誉めてあげたいと思う一番のポイントは、「平日お昼」「散文」というルートを期せずしてブログ名に準備していた点ですね。

 

まとめ

間食、習いごと、朝の習慣、タバコなど、やめることが難しいと言われているものは良くも悪くもたくさんありますね。ブログもまさかそうなるとは…

ブログは続けていきたいので「書きたいから休む」という選択に至りました。

継続すること
も重要だし、やりたいこと、やらなくてもいいことを分類する力も重要。

ひとまず「一部は新たに、一部は現状維持」でしばらく展開していきます。まあ誰得な宣言ですが、備忘録&きっかけを明確に作るという意味で書きました。

f:id:doronpa316:20180219204315j:plain

そしてブログを書くモチベーションは開始当初から8か月の今日まで変わらず、今これを読んで下さっているあなた様です。

いつも本当にありがとうございます!!!!




本日の名言。

 

成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。

ウィンストン・チャーチル

 

自論を持つのはいいけど、ちゃんと余白も残したい。

「持論」というツールは人生においてとても役立つと思っています。自分の方向性を作るという分野においては特に。

私自身も持論や主観でモノを語ることはもちろんありますが、それを誰かに発信する時に気を付けたいと思う機会があったので、記事にまとめてみました。

f:id:doronpa316:20180218210613j:plain

 

「信じるもの」があるのは強い


自己研鑽
に努めてきた人、多くの書籍を読んで来た人、誇れる知識やたくさんの経験がある人。そういう人のこれまでが積み重なってできた持論は、ある種の財産だと思います。そういう方の話を聞くのも好きです。

これだ!と自分の脳みそを使って確立した持論は何より信用できるものであり、信じるもの(持論)があることの精神的強みも分かります。

f:id:doronpa316:20180218231411j:plain

 

決めつけないで


「こういうタイプの人はこうだから」と思うのは勝手ですが、その主語が特定の相手であり、「あなたはどうせ●●だろう」という使い方には要注意。

「見下されている」「自分への理解を放棄された」と相手が感じる大きなリスクが存在します。

経験則から導き出した答え、持論、信じるものを時々ブログにてアウトプットもしますが、「それが正解だと信じて疑わない」物言いをしないよう余白を残そうと努めているのは、自分が相手の持論に傷ついた経験があるからです。

f:id:doronpa316:20180218231707j:plain

ポテチはうすしお味!とかそういう持論(?)なら平和的で良いと思うのですが、人がテーマのもの、自分以外の誰かを巻き込むような内容であれば、「そうではないかもしれない」という視点を用意しておくべきだと思っています。

 

一方的強め持論多用のリスク

 

  • 事実をねじ曲げる
  • 目新しさがなくなる
  • 暗示にかけられる人間もいる


持論で考えを決めつければ、考える必要がなくなる意味では楽。一方で、持論には盲点も多いもの。

また、迷いのない清々しい言い方は人を傾倒させる可能性も含んでいて、相手の気持ちの余白すらも潰してしまうことがあるのです。

f:id:doronpa316:20180218233540j:plain

決めつけパラドックス


行動や感情から理論が導き出され、理論に基づき行動や感情が生まれる不思議。

更に言えば、決めつけられた!というのも決めつけであり、押しつけがましい持論は良くない!というのも決めつけと言えば決めつけです。

このことから、外部の意見や情報に触れるという行動を積極的に起こし、持論や知識を更新していくのが好ましいと漠然と思った次第です。

 

まとめ

私が日々ブログに書いていることも「持論」ということになります。

こういう考え方をする人間もいるよーという意味合いで伝えたい「自論」はたくさんありますが、自分のそれが全てではない、ということを肝に銘じておきます。

f:id:doronpa316:20171217230830j:plain

言い切り型で話を展開する方が、ブレない強さや主体性みたいなものが感じられるので、戦略的なケースの場合はかなり有効。

そうではない場合なら、人間関係を冷めさせてしまう気がするので「余白のない物言いの持論なら要らない」という自論を、備忘録がてら残しておきます。




本日の名言。


誤解は、議論をもってしては永遠に解けない。

気転、外向性、慰め、いたわり、そして、相手の立場で同情的に考える思いやりをもってして、初めて誤解は解ける。

デール・カーネギー

 

治安が世界一不安定と言われる中米・ホンジュラス。

紀行文もそろそろ終盤です。今日は中央アメリカの更にど真ん中に位置するホンジュラス共和国について。

行ったのは20歳ぐらいだったので記憶がかなり曖昧ですが、日本の1/3ほどの面積、カリブ海と太平洋の両方に面しているという基本情報と共にお届けします。*1

f:id:doronpa316:20180218115022j:plain

 

 

こんな国

公用語はスペイン語で、サッカーが盛んな国です。「サッカー戦争」という「人類史上最もバカバカしい戦争」と言われる争いを起こした国としても知られています。

f:id:doronpa316:20180218121007j:plain

首都は「テグシガルパ」という名前の街、通貨単位は「レンピーラ」、補助通貨単位は「センターボ」です。3つ連続で言えば確実に舌噛みそう。


気候は5月~10月頃の雨期と、11月~4月の乾期に分かれています。何月頃訪れたかは遠い過去のため忘れてしまったのですが、湿度もそれほど感じずカラっとした暑さでした。


世界最悪の犯罪都市

エルサルバドルの記事にも治安について書きましたが、ホンジュラスにあるサン・ペドロ・スーラ「世界で最も危険な都市ランキング」の1位と2位を行き来する首位常連都市。

元凶は麻薬組織の台頭と言われていますが、失業者数の多さ、国民を守るはずの警察・法律が機能不全、治安が悪すぎて銃の規制もないなど深刻な事実がたくさん。

私はサン・ペドロ・スーラには足を踏み入れませんでしたが、今思ったら若かりし頃の自分が諸々すごいエリアを旅していたんだなと思います。

 

世界遺産・コパン遺跡

コパン・ルイナスという街から歩いていけるロケーションにあるのが、コパンというマヤ遺跡。ユネスコの世界遺産にも登録されています。

f:id:doronpa316:20180218120051j:plainhttp://mayasky.com.gt

特筆すべきは彫刻を施された石碑の数々マヤ文字が彫られたものが積まれていたり、動物をかたどった石像が多数あり、それぞれの魅力にワクワクしながら見入っていました。

f:id:doronpa316:20180218115231j:plain

f:id:doronpa316:20180218115326j:plain

ワニみたいな顔のイグアナ、カラフルな野鳥を観察できるのも魅力。

コーヒーと魚料理

中米諸国を訪ねて毎回思うのは、コーヒーの味の素晴らしさ。

ホンジュラスのコーヒーも例外ではなく、香り豊かで酸味もあり、しつこい後味が残らないのが特徴。

カリブ海に面しているため、ビーチに行った時は魚のフライとかセヴィッチェ(マリネ)とか魚介のスープなどもっぱら魚尽くしの日々でした。総合的に油が多い感は否めませんでしたが、何はともあれ美味しかったです。

f:id:doronpa316:20180218115510j:plain

まとめ

ホンジュラスが甚大なハリケーン被害に遭った時期に、日本からの援助隊が支援を行ったり、外交関係樹立以降良好な関係を築いている国です。

周年記念には、当時の小泉純一郎首相の肖像入り硬貨が発行されたという話も。

コパン遺跡では交通トラブルで現地ホンジュラス人に助けてもらったし、出逢った人々はとても親切でした。治安の悪さ以外の部分に、スポットが当たることを祈ります。


本日の名言。

 

我々は独りで平和に生きることなどできず、我々自身の福利ははるか遠くの国々の福利に左右されるのだ。

フランクリン・ルーズベルト

 

*1:写真は素材サイトから拝借しています。

繊細、重厚。おすすめの韓国映画5つをあげてみる。

韓国映画を観る機会は少ないのですが、観るたびに「韓国映画のレベルは高い」というひとつの感想にたどり着きます。

韓国映画というとハラハラの展開やサスペンス、心をえぐる描写を連想する方も多いかもしれませんが(事実でもある)、それ以外のジャンルでも洗練された名作がたくさんあります。

 

7番房の奇跡 (2013)

7番房の奇跡(字幕版)

無実の罪で7番房に服役している知的障害の父、パパが大好きな娘、7番房にいる5人の先輩囚人の愛と友情の物語。韓国版『アイ・アム・サム』と言われています。

無垢な二人と、国家権力の理不尽さのコントラストが刺さります。コミカルな描写やファンタジックな展開もありますが、案の定ボロボロに泣きはらした作品。

ビューティー・インサイド (2015)

ビューティー・インサイド(字幕版)

目覚めるたびに違う外見になってしまう主人公の男性と、恋に落ちた女性の話。外見・内面が人の心をそれぞれどう掴むのか。観終わった後の余韻もなかなか。

設定がまず面白いと思ったのと、ハン・ヒョジュがただひたすら可愛い映画です。台詞も少なめで落ち着いた世界観。上野樹里さんも出演しています。

 

オールドボーイ(2003)

オールド・ボーイ (字幕版)

ある日突然拉致され、15年間監禁生活を強いられた男の復讐劇。全編が概ね残酷ですが、クライマックスも壮絶です。パク・チャヌク監督の復讐三部作のひとつ。*1

「カンヌを震撼させた」「トラウマになる」とも言われるほどのヘビーな映画で、「閲覧注意」という言葉がしっくりくる本作。観るのに覚悟が必要な破壊力です。



おばあちゃんの家 (2003)

おばあちゃんの家 [DVD]

都会育ちの我儘な少年がおばあちゃん宅に預けられることに。読み書き、会話のできないおばあちゃんに悪態をつく少年。でも孫の願いを叶えようとするおばあちゃん

おばあちゃん役を務めたのは完全な素人の方。観終わった後にケンタッキーが食べたくなる映画です。私はおばあちゃん子なので、殊更泣けました。

f:id:doronpa316:20180217125614j:plainhttp://www.the-totality.com

10人の泥棒たち (2012)

10人の泥棒たち (字幕版)

アジア最強の10人の泥棒が進めるダイヤの強奪計画。韓国ですさまじい動員記録を打ち出したのも納得のアクション映画です。『オーシャンズ11』の韓国版。

テンポのよい展開で観やすく、登場人物がしっかりキャラ立ちしていて全体的に非常によくできた映画です。ザ・エンターテインメント!的なお得な一本。


個人的には断トツ


過去記事で既に紹介したので5選からは外していますが、最も衝撃を受けた韓国映画『息もできない』という作品。

息もできない(字幕版)

乱暴な言葉や暴力シーンがかなりの割合で登場しますが、そんなものを凌駕するほどのカタルシス。

本当に息ができないのです。これ以上無理!というぐらいぎゅうぎゅうに胸が締め付けられました。




今日の名言。


砂粒であれ岩の塊であれ水に沈む時は同じ。

映画『オールドボーイ』より

 

*1:他は『復讐者に憐れみを』、『親切なクムジャさん』の2作品